キッズ

一升餅とは?意味や重さ、食べ方まで!小分けや一升パンもあり?

赤ちゃんがはじめて迎える1歳の誕生日”ファーストバースデー”。

ファーストバースデーと聞くと華やかな飾り付けやスマッシュケーキなど、海外から伝わったお祝いの仕方を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、実は日本でも昔から”初誕生日”は家族のお祝いごととして、行事が行われてきたのをご存知でしょうか?

その中の代表ともいえるのが、『一升餅』

今回は、一升餅の意味や由来、背負い方、美味しい食べ方などをご紹介します。

あわせて読みたい
ファーストバースデーのアイディア集|写真映え抜群のお祝いプラン赤ちゃんがはじめて迎える1歳の誕生日『ファーストバースデー』。 「せっかくだから記念に残るような何か特別なことをしてあげたい!」と...

一升餅とは?

一升餅とは、一升分のお米をついて作る約2kgほどのお餅のこと。

一升餅には、単位である”一升(いっしょう)”と、赤ちゃんの”一生(いっしょう)”をかけ、以下のような願いが込められています。

  • 一生、食べ物に困らないように
  • 一生、健康でありますように
  • 一生、丸く円満な人生を送れますように

別名も多くあり、『一生餅』『誕生餅』『一歳餅』『力餅』などと言われることもあるようです。

岡本翼さん(@tasuku_jhc)がシェアした投稿

一升餅の歴史・由来

現在の日本では海外の文化が多く取り入れられ、お誕生日を毎年お祝いするのは当たり前となっていますよね。

しかし、実は日本では元々、誕生日を毎年お祝いする風習はなく、初誕生日だけは家庭のお祝い事としてお餅をついていたそうです。

これを一般的に『誕生餅』と呼んでいました。

関東周辺の地域では、1歳の赤ちゃんが立って歩くと早く家を出てしまうという言い伝えがあり、1歳の誕生日に歩かないように一升のお餅を背負わせ、わざと立てないようにするということがあったようです。

@yu.yu.___がシェアした投稿

そこから初誕生日につく誕生餅を『一升餅』と呼ぶようになったのがはじまりといわれています。

また、一升餅を背負えるかどうかで、その子の将来を占う地域もあったようで、立てても立てなくても不吉なことではなく、転んでしまった場合も、「厄を落とす」という意味で喜ばれていたそう。

一升餅のお祝いは、欧米文化の流行にのまれ多くの地域で失われていったのですが、近年SNSの流行もあってか1歳を祝う行事として再び定着し始めました。

Koyama Tsumugiさん(@tsumugi_0430)がシェアした投稿

もともとは赤ちゃんの祖父母がお餅をついて孫に贈るのが一般的でしたが、この風習が失われつつあったため、祖父母の世代も一升餅を知らないことが多いようです。

現在はSNSや雑誌などで一升餅の存在を知ったママやパパが、インターネットで注文するのが主流。

名前入りや「寿」という字が入ったものが人気で、ガーランドや風呂敷、フレームが入ったセットなども販売されています。

masumiさん(@apidol.mi)がシェアした投稿

一升餅の実際の重さは?

一升(約1.8kg)分のもち米から作られる一升餅。

そこに水を加えて餅をつくため、水の量や乾燥具合によっても多少前後しますが、一升餅の重さは約2kgほどになります。

2kgのお餅なんて、なかなか見たことのない方も多いのではないしょうか。

一升餅の楽しみ方は?

一升餅の一般的な楽しみ方=背負い餅

一升餅のお祝いの楽しみ方としては、赤ちゃんに一升餅を背負ってもらう『背負い餅』が一般的。

@chebokkeがシェアした投稿

風呂敷に包んだり、リュックに入れたりして赤ちゃんに背負ってもらいます。

体重7~10kgくらいの赤ちゃんからすると2kgのお餅は結構な重さですね。

名前入りリュックと一升餅、ガーランドまでセットになっているものも販売されています。

リュックの色や柄も選べて種類も豊富なので、一升餅が済んでからも可愛く使えて便利ですね。

実は背負わない一升餅も?立ち餅や踏み餅とは?

一升餅は日本各地で古くから親しまれてきた初誕生日の行事ですが、方言や文化と同じように地域によっても違いがあります。

地域によって、『背負い餅』『立ち餅』『踏み餅』と呼ばれることも。

その名の通り、一升餅を背負う地域もあれば一升餅の上に立つ地域、草履を履いて一升餅を踏む地域など様々な特色が見られます。

umiさん(@woomy_gaga84)がシェアした投稿

一升餅の美味しい食べ方

赤ちゃんが一生懸命背負った縁起物の一升餅。お祝いが済んだら、ぜひ残さず美味しくいただきましょう!

もちろん1歳の赤ちゃんはまだお餅を食べることはできませんので大人たちで楽しみましょうね。

一升餅の切り方・保存方法

一升餅はお祝いが済んだらなるべく早く切り分けます。

当日の朝についたお餅であまり時間が経っていなければ、ちょうど切りやすい固さでスムーズに切ることができます。

もしもすでにカチカチになってしまっている場合は、電子レンジで少し加熱して柔らかくしてから切りましょう。

一升餅の切り方

  1. 一升餅を大きいお皿に乗せる。ラップは不要。
  2. 電子レンジ500Wで5〜6分加熱する。
  3. 指で押して見てまだ硬い場合は30秒ずつ様子をみながら加熱していく。
    お餅の内部の感触が消しゴムくらいの硬さになったらOK!
  4. 一升餅をまな板に移し、濡れふきんで刃を濡らした包丁で好きな大きさに切りわける。
    (お餅が包丁にくっつくようになってきたら再度刃を濡らす)
  5. 切り口から乾燥していってしまうので、手早くひとつずつラップに包む。
  6. 冷凍庫に入れて保存。(すぐに食べる場合は冷蔵庫でもOK!)
    ☆保存状態などにもよりますが、数ヶ月〜半年は冷凍保存可能。

電子レンジで加熱しすぎてトロトロにしてしまうと、包丁を入れにくくなってしまいますので、加熱しすぎないように注意してください。

また溶けたお餅は大変熱くなっているのでヤケドにも注意しましょう。

切る大きさはお好みですが、調理方法により使いやすく食べやすい厚さ・大きさに切っておくと食べるときに楽です。

一升餅の美味しい食べ方

一升餅と言われると、どうやって食べるの?と疑問に思う方も多いと思いますが、大きさが大きいだけで中身は普通のお餅と全く一緒です。

通常のお餅と同じようにお好みの食べ方で美味しくいただきましょう!

お醤油と海苔を使って磯辺焼きにしたり、揚げ餅にしたり、お雑煮に入れたり、きなこやあんこなどで甘くして楽しんでも。

また小さく刻んでおいて、お好み焼きやグラタンにトッピングとして入れてもいいですね。

応用編

ここまで一般的な一升餅や一升餅の楽しみ方をご紹介させていただきました。

しかし、実は最近では保管のしやすさや食べやすさを重視したものや、オリジナル感の溢れるちょっと変わった一升餅もあるんです。

小分けの一升餅とは?

*..Saki..*さん(@saaa_0910)がシェアした投稿

予め小さく分けられた一升餅が、それぞれ包装されている小分けタイプも最近では人気。

子供に背負わせる餅の重さ調節や、親戚等に配るのにも便利です。切る手間が省けたり、保管のしやすさもポイント。

5個くらいに分けられているものから、40個など食べるときに切る必要のないサイズまでに分けられているものまであります。

一升餅ならぬ、一升パンとは?

また、最近ではお餅ではなくパンを使った、『一升パン』というものも。

櫂日記さん(@kaidiary_babylife)がシェアした投稿

お餅とはまたちょっと違った洋風な雰囲気が素敵ですね。

見た目の可愛らしさやデザインをオーダーできるお店なんかもあるのでこちらも人気なようです。

lifavoさん(@lifavo)がシェアした投稿

もちろん一升餅と同じように一升パンも冷凍保存や美味しく食べることが可能ですので、パン派のご家庭には一升パンがオススメかも。

一升餅をやってみよう!

1歳の赤ちゃんと約2kgある大きなお餅の組み合わせ。想像しただけでも楽しいのがわかりますよね。

赤ちゃんは、生まれてはじめて感じる一升餅の重さに、泣いてしまったり

634mumu634さん(@634mumu634)がシェアした投稿

重さに驚いたのか、転んでから固まってしまったり

@kuniya_mrt180がシェアした投稿

はたまた、余裕だったり

Ikuさん(@ikumide)がシェアした投稿

赤ちゃんの個性がでておもしろいですよね。見ているママやパパも盛り上がること間違いなしです。

1歳の赤ちゃんならではの無邪気な表情とユニークなしぐさをたくさん見ることができ、写真映えも抜群な一升餅。

ぜひファーストバースデーには日本ならではの特別なお祝いの仕方、一升餅に挑戦してみてください。

たくさん写真を撮影して一升餅のお祝いを一生の思い出にしよう!

また、赤ちゃんに2kgの重さのある一升餅を長時間背負わせることは難しいので、撮り直しや待ったのきかない一升餅の撮影。タイミングよく良い写真を撮る自信がないという方も多いでしょう。

せっかく張り切って準備をしたのに、一升餅を背負ったときの赤ちゃんの写真が、後から見返すとブレブレ・・・大事な瞬間が写ってない!なんて、悲しいですよね。

そんな方は出張撮影サービスを使い、プロのカメラマンに撮影してもらうのがオススメ。

あわせて読みたい
お宮参り・七五三の出張撮影サービス7社を比較!料金相場・評判をプロカメラマンが徹底調査マタニティフォトからニューボンフォト、お宮参りやお誕生日、七五三・・・ 子供ができたら、一生の思い出としてきれいな写真を残しておき...

「せっかくなので綺麗な写真で残したい」「家族そろって写真に写りたい」なんて願いも叶えてくれます。

ママとパパも一緒に写ろう!ファーストバースデーの撮影は出張カメラマンにお任せ!

出張撮影サービス『fotowa(フォトワ)』を利用すれば、赤ちゃんや子供、家族の写真撮影に慣れているカメラマンが、きれいな写真を撮影してくれます。

ママとパパは余裕をもって我が子が楽しそうにスマッシュケーキをする様子を目に焼き付けることができますし、家族全員揃って一緒に写真に写ることだってできちゃいますね。

赤ちゃんが大きくなってから写真を見返したときに、自分のファーストバースデーを楽しそうにお祝いしてくれているママとパパの表情を見ることができたら、どれだけ嬉しいでしょうか。

また、写真テイストや得意ジャンル、口コミからぴったりのカメラマンを指名できるので、安心して撮影をし、イメージどおりの記念写真を受け取れます。

 

一升餅でファーストバースデーを一生の思い出に

再びファーストバースデーの定番となりつつある一升餅。赤ちゃんの無邪気な表情とユニークなしぐさを見ることができ、写真映えも最高です。

もしかすると、1歳の誕生日の記憶は赤ちゃんの中には残らないかもしれません。しかし、この時期にしか見ることができない最高に愛くるしい姿を、ぜひたくさんの写真や動画に収めて、ファーストバースデーを一生の思い出として残しましょう!

きっと、数年後、数十年後に振り返ったときに、家族みんなで懐かしんだり笑い転げたりできること間違いないでしょう。

楽しいファーストバースデーになりますように。

こども・家族写真の出張撮影『fotowa(フォトワ)』

ご家族のかけがえのない時間を、プロカメラマンによるきれいな写真で一生の思い出として残しませんか?

fotowaは、子供や家族写真を撮り慣れているプロカメラマンが、好きな場所に来てくれて、好きなシーンをきれいに撮影してくれます。

ジャンルはファーストバースデーやお宮参り、七五三、百日祝い(お食い初め)をはじめ、ニューボーンフォト、マタニティフォト、カップルフォト、成人式など。

もちろん、おうちや近所の公園などへの出張も◎

写真テイストや得意ジャンル、口コミからご自身にぴったりの出張カメラマンを指名できるので、安心して撮影・イメージどおりの記念写真を受け取れます。

いとしい我が子や家族の写真をきれいに撮影し、一生の思い出に残しましょう!

fotowa公式サイト